家

不動産集客について学ぶ|ネットで入居者を探す

マンションへの投資が人気

アパート

不動産投資の中でもマンションは魅力が高いため、資産の運用先としてマンションに投資する人は多いです。マンションに投資する際には部屋を購入するか、マンション1棟買いをする事になります。どちらもそれぞれメリットがありますが、マンション1棟買いをすることで、建物が老朽化した際に部屋のリフォームや建物の修繕を行いやすくなります。マンションの部屋を購入すると、リフォームする際には制約に従って行う必要がありますが、マンション1棟買いをすれば制約がありません。そのためマンションが古くなって建物の資産価値が低くなった場合には、リフォームや修繕を行って建物の資産価値を高める事ができます。また好きなタイミングで修繕を行えるので、自分の計画通りのマンション経営を行うことが可能です。

マンション1棟買いをすると、部屋を購入した時と比べて収益性が安定するので、リスクのない投資が行えます。マンションの部屋を購入すると空室になったときには、家賃を得る事ができないため収益性を安定させることが難しいです。マンション1棟買いであれば空室が出ても収入は安定するので、リスクのないマンション経営をすることができ安心です。またマンション1棟買いをすると、不動産所得ではなく事業所得として認められるため、税金が優遇されます。投資で部屋を購入すると税金の優遇を受けることはできないので、マンション1棟買いをするメリットは大きいです。地震や火災で建物が焼失したときでも、マンション1棟買いをしていることで土地が残ります。